音楽がわたしの癒し

メニュー 閉じる

甥っ子のことが心配になり、第二新卒での就職の道を伝えてみようと思います。

高校を卒業して、東京の大学に進学をした甥っ子のことです。
 甥っ子は高校時代、推薦入試で東京の大学に進学をすることが決まりました。
冬休みに入る前には進学先も決まり、そこからは自由な時間になりました。
ところが、同級生はほぼ進学をする学校であったため、みんな冬休みは目の色を変えて勉強をしています。
一人暇になったので、アルバイトをしようということになり、大手コンビニエンスストアでアルバイトをし始めました。
固定したお店というよりも、人手が足りないところに、あちこちいく、ということが主な仕事でした。
ちょうど年末年始、とても人が少ない時期でしたので、暇にしている甥っ子には多くの仕事が舞い込んできました。
結果として、結構な収入になり、初めてアルバイトをした甥っ子としてはとても感激をしていました。

冬休みも終わり、学校がある間はしばらくは学校に専念をしていましたが、二月になったら、年末年始の収入に味をしめ、ひたすら毎日アルバイトです。
それでひと月約20万円を超える収入を得ることができ、それをすべて自分のために使い、すっかりご満悦でした。

東京に行ってから、当然学業が中心になるべきですが、一度お金の味をしめたものですから、アルバイトをしたい、とすぐに言い出しました。
学業に必要なお金は親が出しているのですが、本人はどうも洋服にお金がかけたいようでした。
本人いわく、地方の〇〇市で買った洋服は到底東京ではみっともなくて着ることができない、だから、自分でお金を稼いで買う、というわけです。
夏休みに実家に帰ってきたときには、どこの人かしら、と思うような、洋服、数万円もする靴、サングラス、頭はカリスマ美容師に切ってもらったらしい感じの頭、そんな感じになっていました。

そんな甥っ子も大学を卒業し、一般企業に就職しましたが、半年もたたずに辞めてしまったようです。
いまも就活中ですが、手っ取り早くお金を稼いで、おしゃれをしたいと密かに考えているようです。
就活をなんやかんやで、うまくいかないようにして、フリーターになってしまわないかしら、とひそかに心配になり、母親に第二新卒求人正社員という道もあるんだよと教えてあげようと思います。

なに、このブツブツ!?きたない背中ニキビから脱却する方法

思春期にさしかかると、おでこやアゴにニキビができはじめて、家族にからかわれたりして嫌な思いをしました。
そして、大人になると今度は根っこが残ってしまうような頑固なニキビができて、さらに顔に痕がのこることもあります。

でも、ニキビができるのは顔だけじゃなかった…。
自分の背中がひどいことになっていると気づいたのは、かなり遅かったのですが。

大人になってから、なんだか背中がかゆくなった?と思うことが増えてきました。
しかし、もともと敏感な乾燥肌だったこともあって、かゆいこともあるよね、ぐらいの気持ちで放置していました。

しかし、あるときテレビを見ていると、背中ニキビのことを紹介していました。
背中は洗うのが大変だからと、柄の長いブラシで洗っている様子も紹介されていたのを覚えています。
そこで、自分でも気になって、お風呂に入るときに鏡を見てみました。
そして、思わず「なに、このブツブツ!?」と声を上げてしまったんです。

まず、背中ニキビの多さ。
ブツブツと首の近くから腰の辺りまで、まんべんなく広がっています。
こんなにひどかったの?とびっくりする前に、自分に背中ニキビがあるなんて正直思っていませんでした。

さらに、今できている背中ニキビのみならず、ニキビ痕もものすごくたくさんありました。
紫色などのシミになって、かなり広範囲に残っています。
これはどうやって改善したらいいのだろうと、途方に暮れてしまいました。

日本人はなかなか後ろ姿に気を配らないという話は耳にしていました。
確かに、背中が綺麗になっているかどうかなんて、あまり意識してこなかった感じがあります。
特に、自分が直接見ることができない場所なので、私のように、鏡で確認して初めて自分の背中ニキビに気づいたという方も多いと思います。
現在は、これ以上ニキビを増やさないように、ニキビ専用のクリーム⇒⇒⇒背中ニキビ汚いなどを使って背中のケアをするようにしています。
習慣にすることで、背中の汚れもきちんと落ちていて、ニキビ痕もかなり改善されてきました。

これからも背中ニキビを作らないように努力していきたいです。

20代でも出会いがない方に!恋活アプリがオススメですよ♪

私は過去に恋活を成功させたことがあります。
成功した恋活アプリはコチラ!
<<恋がしたいっ!※20代におすすめの恋活アプリってどれなの?

20代前半に長年お付き合いしていた彼氏と別れてしまい、未来を不安に感じていた時期がありました。
しかし、当時は出会いがない状態でした。
職場はレディースアパレルのお店なので周りは女性だらけの環境です。
出会いたくてもチャンスがない状態で焦りを感じていました。

私の友達も同様に恋活をしていました。
そのため、時々飲み会を開催することもあり積極的に参加をしていましたが、好きになれる人がなかなか現れることはありませんでした。
一向に恋活がうまくいかない状態が続いていある日、私は行き詰まりを感じて落ち込んでいたのです。

そこで私が行ったのは、自分磨きを行うということでした。
出会いがないと嘆いているよりも、今自分にできることをして前向きに過ごそうと考えたのです。
私は外見や内面を磨くためにあらゆることを行いました。体型を整えるために運動を毎日のように行いました。
また。顔のマッサージを行ったり半身浴をしたりもしました。
さらに、読書をたくさんするようにして内面からいい女性になろうとしたのです。

私が行った恋活は、出会いを求めるというような一般的な方法ではなくひたすら自分を磨くというやり方でした。
出会いがないままで不安ではありましたが、いつか来るチャンスに恵まれるように、まずは自分をいい状態に磨いておくことが大事だと思ったのです。

私は半年ほど出会いを一切求めずにひたすら自分磨きを行っていました。
その結果、友達からかわいくなったね、きれいになったねと言われることが多くなり自分に自信を持つことができたのです。
そんな前向きで明るい気持ちで過ごしていたら、恋活アプリでメッセージをくれた男性とお付き合いできるようになりました♪

あの時、自分磨きをする努力をしてよかったと心から思っています。

仙台市内に出来た新しい病院は看護師さんたちもステキでした♪

子供の体調が微妙に悪い日が続いていました。
おそらく風邪なんですけれど、本当に微妙なんですよ。
熱もあるっちゃーあるんですが、いつもより0.2度高いだけなんです。
あとの症状としては、粘っこいとサラサラのちょうど中間位の粘度の鼻水が出ていました。

そんな微妙な鼻風邪の状態が1週間続いていました。こういう時って、病院へ行くか迷ってしまいますよね。
ところが数日後に急遽お友達と遊園地へ行く予定が入ってしまったので、このまま鼻タレ小僧のまんまじゃマズいだろうと思い、ようやく病院へ連れて行ってみることにしました。

ところが、病院へ行こうと思いついた日がまさかの、かかりつけ病院の休診日でした。
思いついたら吉日の私なので、明日まで病院が開くのを待っていられない!と思い、近所の仙台市内で開いている病院を探しました。
すると、なんと家の近くに新しいクリニックがオープンしていました。
しかも、小児科が専門とのこと。
こりゃあ運命に違いないと思い、受診してみました。

行ってみたら、とっても可愛い病院でした。
白いログハウスのような外観で、花が綺麗に植えられていました。
花も、パンジーとかありきたりな花じゃなくて、イングリッシュガーデンみたいな感じなんですけど、わかりますかね?

かなり期待しながら中へ入ってみると、やっぱり新しい病院だけあって内装もめちゃくちゃ綺麗です。
木をふんだんに使用していて、今時の新しい病院、という感じがします。
アロマとかたいてそうなイメージです。

患者さんが誰も居なかったため、問診票を書いたらすぐに診察室へ呼ばれました。
診察室へ入ってみると、驚いたのが先生の若さ!
いや、さすがに先生に年は聞いてないですが、見た目がものすごく若く見えました。
若干、大丈夫かいな?と思わったのは内緒ですが。

先生は小児科専門だけあって子供にとても優しくて丁寧でした。
そんな先生だからか、付いている看護婦さんも同じく優しいタイプで、かなり高感度アップです。
私は結婚前まで准看護師として働いていたのですが、こんな病院の看護師求人仙台があったら、絶対子育て落ち着いたら働きたい!と思えた病院です。

また、院内処方の病院だったので、薬の受け渡しがスムーズでした。
だって、診察を受けている時に同時に薬も処方してくれるので、待ち時間ゼロなんです。

なかなか好印象の病院だったので、次回からかかりつけ病院かえるかもしれません。

武蔵村山市の検診センターで恥ずかしかった体験談

私は、つい先日の誕生日で50歳を迎えた男です、
毎年2月に、会社の健康診断を受けています。
私は本社勤務ではなく、小さな所帯の武蔵村山市の営業所に勤務しており、健康診断は自ら最寄の検診センターに出向き、行っております。
そして今年も2月になり、例年通り健康診断を受けるべく、武蔵村山市内の検診センターに車で向かいました。

上司と事務所で待ち合わせをして私の車で向かったのですが、車中でまずいことに気が付きました。
それは、事前に検診センターより郵送されていた、当日に必要な問診表と検尿・検便の3点セットをすべて自宅に忘れてきたことです。
問診表はともかく、検尿と検便は当日の朝一番のものを自宅で採取するシステムなので、当然、自宅に持ち帰り準備をしたのですが、せっかく用意したものを玄関に置き忘れてしまったのです。
されど、上司も一緒で時間も指定されていたので、とりあえず検診センターへ向かうことにしました。
自宅までは少し距離があるのですが、往復1時間で取りにいけば問題ないかと思っていたのですが、検診センターの受付の判断で、問診表はこの場で記入してくれとのこと。
検便はあきらめて、検尿は今からもう一度出せば良いとのことです。
まあ自宅に取りに戻るよりは楽なので了解をして、まず問診表を記入しました。
検便もできないのはやや心配ですが、自分の健康体を信じてあきらめました。

さて、問題は検尿です。・・・出ないのです。
と言うのも、検診のために前の夜9時から水分は一切取っていないのと、体に溜まっていたものは自宅に忘れてきた検尿採取の際にすべて出してしまっており、体からでそうな尿はもうありません。
勇気を出して看護師さんにそう説明すると、少し笑いながら、では健康診断をひととおり受けて胃の検診の前までになんとか採取して下さい、とのことでした。
もちろんそれに従うしかないので、一番最後まで検尿を後回しにして、検診を受けていきました。

検診が終わり、半信半疑でトイレへと向かい、搾り出すように体から尿をだすことに成功しました!
人間、頑張ればなんとかなるものです。
必要メモリギリギリの検尿カップを所定の場所へ置き事なきをえました。
カップを見た看護師さん。きっと頑張って出したんだろうと心の中で思っていたんではないのでしょうか・・・。

しかし空しかったのは、帰宅後に玄関に置き忘れられたたままの封筒、もちろんその中には使い道のない問診表と検尿と検便がたたずんでいました・・・(笑)。

来年もあのときの看護師さん、いるのかな・・・。
【http://看護師求人武蔵村山.com】
武蔵村山市ってそんなに大きな街でもないので、街中でバッタリ出くわさないかヒヤヒヤします。

本物アーティストの透明感に触れて


小さいころ、何らかの形でちょっとでも触れたり、見聞きした音楽をよく覚えている私。

そんな自分の感覚的な部分を頼りに記憶の断片を辿っていくとき、いつも「かつて聞いたあの曲」と再会することができる。
今回もそうして再会した曲は、石川さんのLike an Angel。
一度高橋留美子の人魚シリーズ作品の冒頭、OPの曲だったことをその全体的な曲のイメージから未だに覚えている。

人魚シリーズのアニメを見た当初は小学生だった私。
しかしながら当時から10年以上経とうが何だろうが、感性の記憶というものは思っている以上に強く刻まれているものだ。
その実感とともに再会できた曲の素晴らしさ、あの珠玉ぶりに今一度触れることができたのが最近の大きなよろこび。
この感動だけで普通に多面的なアングルから何本も日記が書けてしまうほどだ。

改めて黙って聴くと、石川さんの透き通るような歌声が、シンプルゆえに深みのある歌詞と同調してものすごくいい世界観を創っている。
何というか、余韻の遺し方のようなところがあの森山良子さんに少し似ているように感じる。

永遠を彷彿とさせるような石川さんの透明な歌声とシンプルな歌詞に載せられ、歌い上げられる人間の根源的な欲求や望み。
曲を聴いて感動しては泪を流すことはこれまでも多々あったが、この曲だってそう。

黙って聴いていると心が打たれ、涙が出てくる。
しばらくはこの曲にしずかに打ち震えていたい。

© 2019 音楽がわたしの癒し. All rights reserved.

テーマの著者 Anders Norén.